ワキガの人は和食を食べるべき理由とは?

ワキガになると色々なことが不便になります。
やはり「いま臭っていないかな?」と気になることもたくさんあるでしょう。

今日からできるワキガの対策をして、しっかり脇が臭わないように備えておきましょう。

まず食生活。
食べ物というのは体の中から影響を与えて、外にも影響をします。
肌荒れなども食べ物から影響を受けますが、ワキガも体の中から影響をうけるんですよ。

とくに毎日お肉を食べている人は要注意。
お肉はタンパク質が多く、それがワキガの原因となってしまいます。

たんぱく質をたくさん取ると、皮脂が多く出てしまいます。
その皮脂が脇から出てしまうと、ワキガの汗の原因となってしまうのです。

もともと日本人はワキガが少ない民族でしたが、それは魚中心の和食だったから。
子どもでもワキガが増えているのは、食の欧米化が進んでいるからですね。

西洋人にワキガが多いのも、たんぱく質をたくさん取るお肉中心の食生活だからです。

逆に和食中心にすることで、ワキガを抑えることができます。

和食の代表ともいえる梅干し。
梅干しには殺菌作用があり、体内の臭いの発生を抑えることができます。
また納豆などヘルシーで和食ならではですが、納豆にはイソフラボンが含まれています。

イソフラボンは汗の酸化を抑える効能があります。
納豆だけではなく、大豆が原料の豆腐や味噌もイソフラボンが含まれているので、ワキガにとっていいんですよ。

大豆が原料となるものは、たんぱく質が多く含まれています。
でもお肉などの動物性たんぱく質とは違って、植物性たんぱく質という違いがあります。

朝が忙しくてどうしてもパン中心の生活になりがち!という人も多いかもしれません。
でも和食が日本人の体に優しいのは以上のような効能がみられるからです。

少しでも和食中心の食生活に戻して、ワキガが出づらい体質にしていきましょう。